スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

culture-worship

困ったときは「ジョジョの奇妙な冒険」を読むさこさんです。
特に5部~7部には、迷いを払拭するような言葉が多くて、ホント助かります。
もーダメって時は水木しげる先生の「水木しげる伝」を。読んでると自分が悩みすぎ・考えすぎだったコトに気づく。
本を読んで、そこへ書かれている言葉と対峙したとき、自分の姿を見直せるー。良書っていうのはその面白さだけではなく、読者がそれをもとにいろんなことに気付くってゆう部分にあるのだなと思います。

今まさに困ることが多い日常なので、わりと本には救われてて。家にある好きな本を片っ端から読むという。それがなかったら、モワモワつまんない事を考えこんで、おばかさんになってたのではないかしら。

物事にたよってるのかな、って思うけど、身の回りにあるものが救いになるって悪くない話。救われた気になってても、思考してるのは自分だし。文学や芸術や音楽は、いつでも自らの思考をもって人心を救うと思っているよ。うちの文化物の量がソレを物語っているのかと思うと薄ら寒いですけど。どんだけ救われたいねん。
信仰ですよ。最早。
スポンサーサイト

さこさん手記

絵のことを考えてるときがいちばん楽しくて、且つソレ以外のことを考えなくて済むのも良いよね。や、面倒事から目を背けているとかではなくて、それだけ没入できる事項が日常にあるって気分がいいなと。無駄だとか不要なものもないし。すばら!

絵のことっていうのは、制作する作品のこと、それに絡んだ調べ物、好きな絵画や作家のこと、制作した作品世界の後のこと、などです。どれだけ考えてても誰にも文句いわれないしさ、それらについてわざわざ話す必要もないし(必要があれば話します)。発表をする作品の制作には期限があるけど、長い目で見れば、ドコまたはナニが終わりかなんてわかんないので、それらをずっとどれだけ考えててもいいって言うのは良いなあ。

作品意図を自分で紐解いている時とか「それかなりムリヤリでしょ〜」みたいな解釈も、調べていくと結構納得だったりして、さらに根深く追っていこうなんつーて、こんなときですよ。楽しいの。とてもね。
で、こういうのの積み重ねが、常世を補強する構造になってゆくのだなーと。すべてはconnect to the new world.
常世ってゆうのは、言葉の意味通りな世界。それについてはまたこんど。

このブログについて

こんにちはです。
このブログが放置されているのは
なんとなく気づいていましたけど、
その他webさーびす上では普通に動いてるさこさんです。

ここはそもそもさこさんのwebサイトがわりと思って作った場所で、
文章や写真、あと絵を載せたり、という具合に使っていました。

けれども今となってはより即時的なSNSの利用が常となってます。

今現在さこさんが外向きに発信している媒体の中で
ここが一番目立たない場所になっているのではないかと思います。

なので、今後はココに戯言駄文とその他へのリンクを。
絵に関しては他サービスを。
直近情報はtwitterへ。というカンジで誘導してゆきますね。



▼さこさんのどうでもいい日常が見え隠れ
twitter@scsn

▼二次創作・創作ごったまぜ更新速度まちまち
pixiv

▼常時更新ドローイングまとめ
tumblr(instagramより引用)


大体は以上です。
よろしければ捕捉をおねがいします。

あとはfacebookやgoogle+にもいます。
scsnで検索するとだいたい出てきますので
こちらもよろしくお願いします。
でわー。

 ホーム 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。