FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I CAN NOT REDO.

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
(EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO.)

はい。Qみたよ。

破のとき、このブログでかなり荒ぶっていた記憶があって、あらためて当時の自分の所感を読んでみたのですが、感情まかせの見苦しさもあるけど、本質的には今と変わらない意見だったので、なんとなくほっこりしました。
とゆうわけで、Qについても覚え書きしておこうと思いますので、ネタバレ等を気にされる方は映画をご覧になってからお読みくだされば幸いですー。

ちなみに破のときの記事はこちら。
I CAN NOT ADVANCE.



さて。
まずは簡単な個人的感想を述べますと、普通におもしろくなかった、ということにつきます。もっと言うと、エヴァに感じている「おもしろさ」がなかった、ってことです。

さこさんは正直、エヴァに関しての難解な世界観や設定については、全く詳しくありません。なんとなくでしか把握していないので、使徒ってなに?とか聞かれても、全うに説明ができないレベルです。
けれどそれら世界観が構築する、印象としての「ヤバさ」みたいなものは、設定の詳細を理解していなくとも旧作では十分に感じ取ることができました。これはヤバい、と。

今回のQにおいてさまざまな感想を目にしますが、その中で気になるのが「このわけのわからなさこそがエヴァ」という話です。これ、もちろん褒め言葉として使われています。「また難問をふっかけてきて、俺達を置き去りにしている」と。こういうわけです。確かに、考察部隊にとっては願ってもない燃料投下で、このあとも次回作が公開されるまではそれで楽しめるかなと思います。けれどさこさんにとっては、単に「謎の多い旧来のエヴァ」という文脈をなぞっただけの、中身の無いものとしてしか捉えられませんでした。

旧作の持つ「ヤバさ」は、多くの謎や設定について理解できるか否かを別に、なぜ感じ取ることができたのでしょう。それはエヴァがただの難解な作品だったからではなく、登場人物の心の機微を気持ちが悪いほどに描くという軸があったからです。
普通なら他人には見せたくない人の心の脆い部分や、さらけ出したら気持ち悪いと思われそうな他者へ対する依存心などを、すべての登場人物にのせて、もう見たくないっていうレベルまで描き出していた旧作は、庵野監督という作家の人格を見せつけられるようなものでもありました。エヴァという機体のコアに母親の魂が入っているのと同様に、この作品のコアには庵野監督の(当時の)人格が移植されていたと思っています。

今回のQが中身の無いものに見えてしまったのは、その点が皆無だったからです。あれだけ魅力のあった人物描写が全く見えてこない。「このキャラクターはこういうキャラクターだから」といった具合に、人物がストーリーの駒としてしか機能していない。これは前回の破と同様で、ただの二次創作じゃんって言うのも、人物描写力のある同人誌に悪いなって思うほどです。

作品に作家の人生が見えてくる、これはどんな分野においても、作品の魅力を構成する要素だと思います。なんだかよくわかんないけど、ヤバい。人の人生をありありと垣間見てしまうような、ある種の禁忌に手を出す感覚が、より一層作品を魅力的なものにたらしめる。エヴァが自分にとっておもしれーなーと思わせるのは、そういう点です。なので、それが見えないQは「つまんない」としか言いようがないのです。


あとはまあ劇場アニメ作品としてもどーなの?ってゆう部分として、エヴァという世界の中でのリアリティの欠如とか、旧来はきちんと描写されていた組織のあり方が全部省略されてるとか、シンジ君は急にピアノがうまくなったり、その辺は笑うしかないなーって感じでした。「おおかみこども」の時と同じで、リアリティラインの曖昧さがいちいち気になって、映画に入り込めないってゆうアレです。

絵的には、CG感がまるだしすぎて動きが軽く見えちゃうところと、アスカがかわいくない件が気になりました。


破のときの方が怒り心頭で、文句も山ほどあったのですが、今回はそういう意味でも肩透かし。
とりあえずカヲル君とギャル北上だけが、最後の希望です。
スポンサーサイト

さこさん手記

このまえ、さこさん自身がダメな状況に陥るほど、作品世界が何故かイキイキしてくる…という呪いにかかっている件を作家さんとお話してたんだけど、「絵描きとはそうゆうものなり」ってハナシでまとまりました。

うつつを抜かすほど現実がうまくいってしまうと、きっと絵なんか描かなくなる。そうすると作品世界の時間が止まってしまって、そこでその世界は終わりになっちゃう。それでもいいのかもしれないけど、結局自分が何に突き動かされているのかを考えると、そんなことはできないわけで。うつつを抜かすほどの幸せな現実よりも、絵を描きつづけることの方が、自分にとっての現実なのだね。

なんてゆうか、「とにかくずーっといっぱい絵を描いていたいだけ」みたいな幸せな部分と、ダメ過ぎる実世界が相反しすぎてて、ときどき自分の所在に迷う時がある。自己を認識する軸がそのふたつに分かれてしまうので、自分がドコにいるのかわかんなくなるよ。こっわ。まだ覚悟が足りてなくて、充実した実世界というものに対する憧れを、捨てきる事ができないのだろーね。

冬服



昨日pixivにupしたこの絵が、今日デイリーランキングに入りましたん。
おりじなる絵ははじめて。ありがたいです。

さこさんのドローイングにしては、色味がちょっといつもと違うかんじねー。色を何回か重ねて塗ってたら、薄い紙に穴があきそうーってなった。
寒くなって冬服のセーラー服を街中で見かけますが、全部紺色のセーラー服は、お嬢さんってカンジでいいよね。いつもは白基調の襟が紺とか青のタイプが好きでよく描くよ。

さこさん手記

いやー。下の「ひそひそばなし」って記事、オカシイすねぇ。テキストデータをあさってたら出てきたので載せてみました。もう何年も前に書いた物ですけど、ソレっぽい文章という感じで。


最近は、いかなる状況下においても精神力の強さをもってブレないようにと、その方法について脳内会議してます。
さこさんなんてのはもともと外的要因にからきし弱いビビリなもんで、いきなりうまくはいかないと踏んでますが、制作する上で改善せねばなるまい諸問題のひとつなので、ちゃんとします。

なぜ今そんなことになってるかというと、来月ライブペイントの予定がありまして(告知はまた後日)。それを考えると精神力の無さを放ってはおけないと、そんなわけです。
人前で絵を描くことがひどく困難、というわけではなく、緊張感や自意識なんかをコントロールできるようになりたいなと思いまして。それらに振り回されるのではなく、ポテンシャルを引き出し、モチベーションをキープするみたいなところを目標に、後回しにしていた精神面について、考え直しています。いまさら。

なんか、絵描きさんだからこそメンタルまわりがしっかりしてないと、だめじゃん?って自分に対してゆってて。
なんかー、絵って人の感情とか情緒に関わる印象が強くて、ハートが繊細とかアタマがおかしいとか、そうゆうのがいかにも作家って思ってる人も多い気がするけど、そんなヒト美術史とか見てても、あんましいないじゃん。みんな、自己の考えのもとに突き進んでると思うのー。ソコにあるのは、目的に対するブレなさとか信念とか執着、みたいなね。「本番に弱いんですぅ~」なんてトコで悩むわけないし、日々の感情の機微をアテにしてるようではいかんと。

そゆーわけで、これを機に、絵との向き合い方を、普段から確認してゆこうと思う次第です。いまさら。そんで「イチローの流儀」とか読んでるんですけど。さこさんて単純…。

ひそひそばなし

1 あそこ、電気のついていない、右から3番目のおうちが
  うらやましいと思わない?
2 それ、わかる。うらやましいって。
  あそこのおうちには人が住んでいるのに電気がついてないものね。
3 電気がついていないだけで、なにがうらやましいと言うの?わからない。
  夜なのに電気がついてない。何があるのそこに?
  うらやましいものって何?
2 夜なのに電気がついていないと言う事は、もう寝ているのね。
3 こんな時間だから。あたりまえじゃないの?普通じゃないの?
2 じゃあ。今おうちで電気を消して寝ていない私は普通じゃないし、
  あたりまえでもないっていう事?
3 ?
2 ほら。うらやましいと思わない?それがあたりまえだという事が。
1 涙がでてきちゃった。うらやましい。いいなあ!
3 ばかばかしい。


---------------------------


1 すぐ近くで人の声がするけど…。なんだか気分が悪いわ。
2 そうねそうね。きっと楽しそうに誰かと話をしているのよ。
3 私はつまらないわ。
2 つまらないわ。私ひとりだもの。
3 誰かに電話しようかしら。
1 声はすぐ近くでするような気がするけれど、
  むしろ反対にその人は遠くにいるのね。
2 だから、私、ひとりだもの。
1 私も。
3 誰かに電話しようかしら。
1 私、もう寝るわ。自分の事を悪く思いたくないもの。


---------------------------


1 あのひと、あんな事言っているわ。
2 おもしろい話ね。どんどん聞きましょう。
3 私とはきっと話の合わない人でしょうけどね。

1 いつのまにか、私の話になっているわ。
2 いつのまにか、私の話になっているわ。
3 いつのまにか、私の話になっているわ。どうして?
2 やめて。
3 まるで、私の事を知ったつもりで話すのはやめて。
  私、あのひとじゃないのに。

2 今度は私の事を叱るわ。
3 くだらない。せまい話。やめて。
2 私あのひとじゃないわ。
1 私が悪いと言うの?何を言っているの?あのひと。
3 私、まだ何も言っていない。


---------------------------


1 (ひとりごとを言う)
2 ひとりごとはひとりごとだけれど、その内容を誰かに伝えたら
  ひとりごとじゃなくなるね。
3 でも一方通行よね。
  そのひとりごとに対して誰かに話し掛けてもらいたいのかしら。
2 それはでも会話じゃなくて?
3 話は常にこちらから一方的だから、会話にはならないわ。
2 じゃあどうしてもらいたいのかしら。聞いてほしいだけ?
3 相手の迷惑を考えたら?
2 どうしていいのかわからないわ。
3 どうしたいのかわからないわ。
1 (ひとりごとを誰かに伝えてしまいました)
3 何考えているの?誰とも話したくないくせに。
2 違うわ。たくさんおしゃべりしたいのよ、ほんとうは。
3 見て!誰からも相手にされなくて泣いているわ!ばかみたい!
2 ばかみたい。
  でもほんとうはたくさんおしゃべりしたいだけなのよね。


---------------------------


1 なにもないから、なににもならない。
  なにもなにもない、なにもないから。
  なにもないしなににもならない。
2 だからそういうふりをするの。
3 だからそういうふりをしているの?
1 (床の傷を見ながら)…ここにはしっかりとあるのに。
2 なんにもないんだね(わたしたちは)!
3 いいかげんにしないと、しらないよ。


---------------------------

 ホーム 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。